ランドセル選びのポイント|大マチの種類と特徴を比較

大マチの構造にこだわるランドセルブランド5選?

ランドセルの冠を開くと、教科書や筆箱などを入れる収納スペースが見えます。

この部分のことを大マチと呼びます。

意外と知られてない専門用語のようなものですが、現在40歳以上のご両親などが子供の頃に利用していたランドセルと比較すると、大マチの大きさは少し大きめになっているのが特徴です。

自分達が利用していた時代の教科書と言うと、B5サイズなどが主流でしたから現代の教科書よりも小さめです。

今の時代はA4サイズの教科書が主流になっているため、A4サイズ対応よりも大きめに設計が行われているわけです。

また、黒もしくは赤の2色だったランドセルも、現代では豊富なカラーバリエーションが用意されており、好みの色を選べる魅力もあります。

構造にこだわりたい人におすすめのブランド5選ですが、創業昭和21年の歴史を持つ「フィットちゃんランドセル」、創業昭和24年の「鞄工房山本」、創業大正8年の「【天使のはね】セイバン」など、ランキング上位に入っているメーカーはいずれも歴史を持つのが特徴と言えましょう。

各メーカこだわりの大マチの特徴は?

ランドセルを正面からみると、冠と呼ぶものがあり、これを上側に持ち上げると教科書などを入れる大マチがあります。

この大マチと呼ぶ部分は重量のある教科書やその他のアイテムを入れる部分ですから型崩れしないのが特徴です。

ちなみに、小学生は1年から6年までの6年間ランドセルを利用し続けることになるわけですから丈夫な造りが必要不可欠です。

「アタラ」と呼ぶメーカ0などの場合は、素材にこだわりを持つと同時に機能についても追及しているメーカーの一つです。

牛革の素材を使っているものの、重量は僅か1,250グラムの軽量化を図っています。

6年生のお子さんならまだしも、小学校1年生のお子さんにはなるべく軽いものを選びたいと考えるご両親も多いと言えましょう。

牛革製のランドセルは一般的には1,400グラムが相場と言いますから、1,250グラムの重量は標準的なものよりも軽い、しかも型崩れがしにくい素材などの特徴を持つランドセルです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です