ランドセル選びのポイント|かぶせに傷のつきにくいランドセルの特徴

かぶせに傷のつきにくい素材と特徴

小学生の男の子などは特に下校中に鬼ごっこなどの遊びが突然始まるとランドセルを地面に放り投げるなど、高学年に行けば行くほどランドセルを雑に扱う機会が増えてくるものです。

ただ、そういった行動が増えるほどかぶせ部分にダメージを受けることになり、ボロボロになっていってしまいます。

すると、見た目が悪くなりますから、親であれば誰しもが丈夫な素材を使ってある物を選びたいと考えるはずです。

ランドセルのかぶせに使用される素材は、馬のおしりの革であるコードバンや牛革、人工皮革であるクラリーノなどが一般的となっているのですが、この中でもコードバンや牛革といった天然皮革はどちらも繊維が入り組んでいるうえに硬い繊維でできているという特徴があります。

また、天然皮革というのは表面が馴染んでくる性質も持っているために、ついてしまった傷でも自然と目立たなくしてくれるのが特徴でもあるのです。

その点、天然皮革のような特徴を持っていないクラリーノはこれまでは強度の面で実際に劣っていましたが、近年では強度の強いタイプのクラリーノが開発されてきました。

そのため、一概には天然皮革がクラリーノより傷に強いとは言えなくなっています。

かぶせに傷のつきにくいランドセルBEST5

かぶせに傷のつきにくいランドセルは数多く発売されており、その中でも傷がつきにくいうえに丈夫さを考えたうえでおすすめの5つのランドセルを紹介します。

フィットちゃんランドセルの「タフボーイ」や「プレミアムゴールド」は人工である皮革クラリーノの中でも最も傷に強いタフロック素材が使われており、天然皮革を使った物よりも軽量かつ低価格で購入できるというのが魅力です。

また、牛革やコードバンを使った萬勇鞄の「リリークレスト」も傷や雨に強いことで人気となっていますし、「クローネティアラ」も牛革やコードバンといった天然皮革以外にも、傷に強いうえにオシャレで光沢性のあるパール系タフガードの3種類の素材から選べることから女の子からの人気が高くなっています。

そして、タフロック素材を使っているセイバンの「ワンパイーグル」は、ヒーローみたいに強いランドセルをコンセントにして作られているように格好良いデザインは男の子からの人気が高くなっています。

このように5つのランドセルはどれも傷がつきにくいうえに丈夫ですから、傷のつきにくいランドセルをお探しの方には最適です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です