ランドセル選びのポイント|メインポケットの仕様と構造

メインポケット(大マチ)の構造が丈夫なランドセルBEST5

小学生が通学で教科書を持ち運ぶためのツールで有名なのは、当然ランドセルです。

学校指定業者で購入する場合もありますが、大抵は各家庭で購入します。

どうせ購入するなら品質がよく、使いやすいタイプのランドセルを買って6年間使い続けたいものです。

ランドセルで大切なのはメインポケットが丈夫なことで、この構造が丈夫なものには5つのタイプがあります。

まずは当然日本製であることが大切で、品質が申し分なく、ランドセル作りのノウハウを熟知し長年製造してきた経験が日本にはあるからです。

次は材質です。合成皮革にも良い品質のものはありますが、やはり本皮を使用したランドセルを選ぶ方が確実です。

3つ目は縫製です。縫い方が雑だと、直ぐにほつれて壊れてしまうので注意しましょう。

4つ目はサイズで、最近はA4サイズの書類が多いため、大きめのサイズを選ぶのが無難です。

最後の5つ目はUV対策をしていることで、紫外線による劣化を防ぎます。

BEST5の構造の特徴とおすすめポイント

先程紹介した構造がしっかりしたメインポケットの特徴は幾つかあります。

まずは性能保証があることです。

大抵は1年間有効の場合が多いですが、中には複数年保証してくれるメーカーもあります。

それだけ西濃に自信がある証拠なので、購入の候補にあげると良いでしょう。

次に生産国が日本であることです。

日本のメーカーのものでも、生産は海外の工場であるケースが多いです。

品質にこだわるならば、国内製造のランドセルを選んで下さい。

また取扱い説明書に、詳しく説明や仕様が記載されているメーカーは信用できます。

お客様の立場に立って作られていることがよくわかり、材質や寸法まで明記されていると使いやすいです。

これらの特徴から総合的に判断して購入先を絞り込むことが大切ですが、最終的判断はお子様の意見を尊重しましょう。

やはり実際に使うのはお子様です。

お子様が気に入ったランドセルを買うのがおすすめです。

6年間通して壊れにくく、お子様が愛着もって使うものが良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です