ランドセルは耐水性が大切!雨にも強いランドセル選びのポイント

雨に強いランドセルの素材は?

耐水性があるランドセルの素材はクラリーノと呼ばれる人工皮革です。

特殊な合成繊維を使って立体的に作った不織布を使用し、ポリウレタン樹脂で表面に手を加えて作られます。

コートバンと呼ばれる馬の尻革部分を使ったものや牛革と比べて水に強いという特徴があります。雨が降ったときでも安心して使用することが可能です。

クラリーノの中にもいくつか種類があります。

人工皮革だと表面がつるつるしていて光沢がある印象になりますが、その感じを抑えたものがあります。

牛革のようなしなやかさや高級感を演出できるものです。

さらに撥水性を高くしたものもあります。

撥水性を有しながらも艶や上品さがあったり傷に強いというメリットがあるのでデザイン性にも優れているというのが特徴です。

耐久性を重視して傷がつきにくく丈夫なクラリーノも存在します。

牛革のような光沢や風合いを再現しつつ、傷や衝撃にも非常に強くなっています。

耐久性が高いので長持ちするというのが特徴です。

 

雨に強いランドセル選びのポイント

ランドセルは小学生の6年間使用し続けるので、耐久性があるものが良いです。

雨が降ったときでも安心して使うことができるようにいくつか押さえておきたいポイントがあります。

まずは水に強い素材を使っているかどうかです。

コードバンや牛革は雨に弱い性質があるので、多少雨に濡れても平気な人工皮革を使用したものと選ぶと良いでしょう。

人工皮革は雨に濡れることで風合いが悪くなってしまったりひびが割れてしまうことが少ないので良いです。

また、防水加工がしっかりと施されているかどうかも重要です。

水に強いとされている人工皮革ですが、それだけでは少し不安が残ってしまう場合もあります。

防水加工がしてあることでさらに安定感が増すので安心です。

ランドセルの作りがシンプルであることも大切なポイントです。

人工皮革のものや防水加工が施されているものを選んでいても完全に雨を防ぐことはできません。

デザイン性を追求して複雑な作りをしたものを選んでしまうとしみ込みやすくなってしまうので、濡れても拭きやすくてシンプルなものを選ぶと良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です