保証が充実したランドセルは?【6年保証・無料修理など】

各メーカーの6年間保証の詳しい内容は?

「フィットちゃんランドセル」では、ショールームやオンラインショップで購入して保証書を紛失した場合でも6年間無料で修理してくれて無償でランドセルの貸し出しも行っていますし、故意的や6年間使っていくうちにできた傷などは対象外となっています。

また、「ガルソン」の場合ですと6年間の完全保証がついていまして、使い方が乱暴であったことから故障してしまったり回数も関係なく有料ならずに直してくれてこの期間中の代替え品にも対応しています。

それから、「セイバン」の6年間保証についてになりますが、カスタマーセンターへ連絡し工場まで送ると不注意や故意の傷や破れであるかや誤った取り扱いが原因なのかを判断された後に期間内であっても有償となることがあるものですが、こちらも代替えのランドセルを貸し出してくれますので、安心して使うことができるでしょう。

それぞれの製造販売会社で少し対応が違っていることがありますので注意したいものです。

 

6年間保証のついていないメーカー

6年間保証のついていないメーカーは見当たらず、それぞれの製造販売している会社ではしっかりとした保証内容となっていますのでなしといっていいでしょう。

ランドセルは6年間大切に使い続けている子どもたちが多くみられ、製造販売しているメーカーの品質性や機能性なども向上していますから、6年間使い続けていても故障は少ないものです。

万が一修理が必要となった場合でも、6年間保証の充実した内容を提供しているメーカーがありますので、安心して男の子も女の子も使うことができるでしょう。

購入する際には保証書が必ず付いているものですし、紛失してしまった時でも購入した店舗に問い合わせて聞いてみることで対応してくれる可能性があります。

どのメーカーにしてもついていて、ランドセルを買った時には保証について詳しく聞いておくと慌てることなく修理をお願いすることができて、代わりとなるランドセルも無料にて借りることができ安心できます。

 

ランドセルに髪の毛が絡む!背カンの種類と特徴【安全性と耐久性】

背カンに髪の毛が絡むって本当?対策は?

女の子がランドセルを選ぶときには、軽い、色や形が可愛いというだけでなく使っている間に起きることも考えなければいけません。

というのも髪の毛が長いと背カンの金具に絡むということがあるからです

そもそも、この金具はどのような役割を果たしているのかというと、肩のベルトと本体を接続するための重要な部分で、この形次第で背負い易さが変わってきます。特に背カンが可動型であれば、動きが大きくなり髪の毛が絡みやすくなります。

これを何とかするための対策として有効なのが、可動部分を覆うカバーを取り付けることです。

カバーは市販されているものもありますし、布や革があれば自分でも作ることが出来ます。

カバー以外にはランドセルの背負い方を気をつけたり髪型を工夫してみるのも対策となります。

背中とランドセルを密着させるように背負えば、隙間が出来にくくなりますし、ゴムやリボンを使った髪型にしておくことで絡むことがないようにするのです。

また、最初から隙間が出来ないように設計されているランドセルもあるので購入する時に注意深く見てみましょう。

各メーカーがこだわる背カンの特徴は?

背カンは力がかかりやすい部分なので金属と耐久性に優れているプラスチックで出来ています。

ベルトが動かない固定型、ベルトが左右別々に同じ動きをする左右連動型、左右で別の動きをする非連動型とメーカーに寄って採用されている形は異なります。

固定されていれば動きも少なく耐久性が良くなりますが疲れやすくなります。

左右連動型は背負っている時に動き易くなりますし、非連動型は着脱がしやすいといった特徴があります。

重い教科書を入れるのであれば連動型のほうが子供の負担が少なくなります。

一方でデメリットは、金具に髪の毛が絡まること、そして負荷がかかって壊れてしまう可能性があることです。

メーカーごとに独自の名称や技術を使っているので、背負い易さや耐久性など、どれが優れているのかわかりにくいということもデメリットになります。

いずれにしても、小さい部品とは言えランドセルが機能するためには需要な部分ですからよく比較検討しなければいけません。

 

ランドセル選びのポイント|大マチの種類と特徴を比較

大マチの構造にこだわるランドセルブランド5選?

ランドセルの冠を開くと、教科書や筆箱などを入れる収納スペースが見えます。

この部分のことを大マチと呼びます。

意外と知られてない専門用語のようなものですが、現在40歳以上のご両親などが子供の頃に利用していたランドセルと比較すると、大マチの大きさは少し大きめになっているのが特徴です。

自分達が利用していた時代の教科書と言うと、B5サイズなどが主流でしたから現代の教科書よりも小さめです。

今の時代はA4サイズの教科書が主流になっているため、A4サイズ対応よりも大きめに設計が行われているわけです。

また、黒もしくは赤の2色だったランドセルも、現代では豊富なカラーバリエーションが用意されており、好みの色を選べる魅力もあります。

構造にこだわりたい人におすすめのブランド5選ですが、創業昭和21年の歴史を持つ「フィットちゃんランドセル」、創業昭和24年の「鞄工房山本」、創業大正8年の「【天使のはね】セイバン」など、ランキング上位に入っているメーカーはいずれも歴史を持つのが特徴と言えましょう。

各メーカこだわりの大マチの特徴は?

ランドセルを正面からみると、冠と呼ぶものがあり、これを上側に持ち上げると教科書などを入れる大マチがあります。

この大マチと呼ぶ部分は重量のある教科書やその他のアイテムを入れる部分ですから型崩れしないのが特徴です。

ちなみに、小学生は1年から6年までの6年間ランドセルを利用し続けることになるわけですから丈夫な造りが必要不可欠です。

「アタラ」と呼ぶメーカ0などの場合は、素材にこだわりを持つと同時に機能についても追及しているメーカーの一つです。

牛革の素材を使っているものの、重量は僅か1,250グラムの軽量化を図っています。

6年生のお子さんならまだしも、小学校1年生のお子さんにはなるべく軽いものを選びたいと考えるご両親も多いと言えましょう。

牛革製のランドセルは一般的には1,400グラムが相場と言いますから、1,250グラムの重量は標準的なものよりも軽い、しかも型崩れがしにくい素材などの特徴を持つランドセルです。

 

男の子に最適な丈夫なランドセル選びのポイントとおすすめランドセル

男の子に最適な丈夫なランドセル選びのポイント

男の子用のランドセルを選ぶポイントは、何はともあれ丈夫なことです。

男性は女性と違い、バッグや財布のような物を入れるための持ち物にはほとんど興味を示しません。

これは子供も同様で、直接言葉にすることは無いかもしれませんが、できればランドセルは持ち歩きたくないのが男の子の本心です。

もちろん例外的に興味を示す子はいるものの、色やデザインを気にする子はごく少数と言えます。

買う側からすると選び甲斐が無いかもしれませんが、6年間は使い続ける必要がありますから、適当に選ぶわけにもいきません。

このためデザインよりは、丈夫で長持ちするコストパフォーマンスの良いものが選択肢となります。

傷つきにくい素材は重量が重くなりがちですが、女の子に比べ力があり多少重くても負担になるようなことはありませんから、軽さよりは耐久性や傷のつきにくい強い素材を選ぶことがポイントです。

色は黒や青など暗めの色が選択肢となりますが、6年間使用するため色だけは本人に直接確認します。

男の子におすすめな丈夫なランドセル5選と選んだ理由

男の子におすすめのランドセルBEST5のうち、一つは「天使のはね」で有名なセイバンのワンパレーサーで、その耐久性は折り紙付きです。

主素材となっているクラリーノのタフロックは、合成皮革の中でも特に傷に強く、多少のストレスで傷がつくことはありません

壊れやすい開閉部は樹脂でカバーされ、ワンタッチで開くシャトルロックにより故障しづらい作りです。型崩れしにくい321構造ですから、6年間の使用も問題ありません。

フィットちゃんランドセルも、丈夫なうえに色が豊富という理由でおすすめです。単色以外に数種類の色を組み合わせているモデルが多いため、あまり見た目にこだわらない男の子でも興味を示しやすいことも特徴と言えます。

ララちゃんのキララは、表面を特殊加工しているベルバイオ5採用により、摩擦に強く耐久性に優れています。

土屋鞄製作所の牛革アンティークモデルは、使い込むほどにかえって味が出るタイプですから、長年の使用にも耐えられます。

6年間の保証付きで販売されている池田屋ランドセルもBEST5の一つです。大きめの作りで多くの物が入るのが特徴で、使いやすさにも定評があります。

 

ランドセル選びのポイント|かぶせに傷のつきにくいランドセルの特徴

かぶせに傷のつきにくい素材と特徴

小学生の男の子などは特に下校中に鬼ごっこなどの遊びが突然始まるとランドセルを地面に放り投げるなど、高学年に行けば行くほどランドセルを雑に扱う機会が増えてくるものです。

ただ、そういった行動が増えるほどかぶせ部分にダメージを受けることになり、ボロボロになっていってしまいます。

すると、見た目が悪くなりますから、親であれば誰しもが丈夫な素材を使ってある物を選びたいと考えるはずです。

ランドセルのかぶせに使用される素材は、馬のおしりの革であるコードバンや牛革、人工皮革であるクラリーノなどが一般的となっているのですが、この中でもコードバンや牛革といった天然皮革はどちらも繊維が入り組んでいるうえに硬い繊維でできているという特徴があります。

また、天然皮革というのは表面が馴染んでくる性質も持っているために、ついてしまった傷でも自然と目立たなくしてくれるのが特徴でもあるのです。

その点、天然皮革のような特徴を持っていないクラリーノはこれまでは強度の面で実際に劣っていましたが、近年では強度の強いタイプのクラリーノが開発されてきました。

そのため、一概には天然皮革がクラリーノより傷に強いとは言えなくなっています。

かぶせに傷のつきにくいランドセルBEST5

かぶせに傷のつきにくいランドセルは数多く発売されており、その中でも傷がつきにくいうえに丈夫さを考えたうえでおすすめの5つのランドセルを紹介します。

フィットちゃんランドセルの「タフボーイ」や「プレミアムゴールド」は人工である皮革クラリーノの中でも最も傷に強いタフロック素材が使われており、天然皮革を使った物よりも軽量かつ低価格で購入できるというのが魅力です。

また、牛革やコードバンを使った萬勇鞄の「リリークレスト」も傷や雨に強いことで人気となっていますし、「クローネティアラ」も牛革やコードバンといった天然皮革以外にも、傷に強いうえにオシャレで光沢性のあるパール系タフガードの3種類の素材から選べることから女の子からの人気が高くなっています。

そして、タフロック素材を使っているセイバンの「ワンパイーグル」は、ヒーローみたいに強いランドセルをコンセントにして作られているように格好良いデザインは男の子からの人気が高くなっています。

このように5つのランドセルはどれも傷がつきにくいうえに丈夫ですから、傷のつきにくいランドセルをお探しの方には最適です。

 

ランドセル選びのポイント|メインポケットの仕様と構造

メインポケット(大マチ)の構造が丈夫なランドセルBEST5

小学生が通学で教科書を持ち運ぶためのツールで有名なのは、当然ランドセルです。

学校指定業者で購入する場合もありますが、大抵は各家庭で購入します。

どうせ購入するなら品質がよく、使いやすいタイプのランドセルを買って6年間使い続けたいものです。

ランドセルで大切なのはメインポケットが丈夫なことで、この構造が丈夫なものには5つのタイプがあります。

まずは当然日本製であることが大切で、品質が申し分なく、ランドセル作りのノウハウを熟知し長年製造してきた経験が日本にはあるからです。

次は材質です。合成皮革にも良い品質のものはありますが、やはり本皮を使用したランドセルを選ぶ方が確実です。

3つ目は縫製です。縫い方が雑だと、直ぐにほつれて壊れてしまうので注意しましょう。

4つ目はサイズで、最近はA4サイズの書類が多いため、大きめのサイズを選ぶのが無難です。

最後の5つ目はUV対策をしていることで、紫外線による劣化を防ぎます。

BEST5の構造の特徴とおすすめポイント

先程紹介した構造がしっかりしたメインポケットの特徴は幾つかあります。

まずは性能保証があることです。

大抵は1年間有効の場合が多いですが、中には複数年保証してくれるメーカーもあります。

それだけ西濃に自信がある証拠なので、購入の候補にあげると良いでしょう。

次に生産国が日本であることです。

日本のメーカーのものでも、生産は海外の工場であるケースが多いです。

品質にこだわるならば、国内製造のランドセルを選んで下さい。

また取扱い説明書に、詳しく説明や仕様が記載されているメーカーは信用できます。

お客様の立場に立って作られていることがよくわかり、材質や寸法まで明記されていると使いやすいです。

これらの特徴から総合的に判断して購入先を絞り込むことが大切ですが、最終的判断はお子様の意見を尊重しましょう。

やはり実際に使うのはお子様です。

お子様が気に入ったランドセルを買うのがおすすめです。

6年間通して壊れにくく、お子様が愛着もって使うものが良いです。

 

傷が入りにくいランドセルの素材の種類と特徴は

傷が入りにくい、傷に強いランドセルの素材は?

ランドセルの素材には、主に3種類の素材が使用されます。

牛革と馬のお尻を用いたコードバン、そしてクラリーノという人工皮革です。

いずれも子供が取り扱う道具に使用されることもあって、基本的には強い性質を持っています。

大抵のものが長期使用を想定してコーティングを施してあるため頑丈です。

しかしそこにはランクが存在して、より頑丈な素材があります。

希少性が高いため、価格が高くなりがちなのがネックとなりますが、ただ傷に強いという点だけを見れば、コードバンが最も優れている素材です。

そして表面的な物ではなく、割くように引っ張る力に強いのは牛革です。また多少の傷が入っても自然な風合いになるのが、牛革の持つ強みです。

クラリーノは比較的安価で軽いという特徴を持ちますが、耐久面では動物から採られたものに少し劣ります。

ただ他の素材と比べてみると水には強いというメリットがあります

このようにランドセルの強さと価格は比例関係にあると考えても良いでしょう。

傷に強いおすすめのランドセル5選

傷に強いという点を見ると、5つのランドセルをピックアップすることができます。

ふわりぃのランドセルパイピンコンビにはクラリーノが使用されていますが、クラリーノエフというさらに傷に強いタイプです。

イオン未来のブレイブナイトにも同じ素材が用いられ、男の子の動きにも耐えられる想定がされています。

フィットちゃんのコードバンランドセルは、その名前の通りかぶせの部分にコードバンが使用されたものです。その他は牛革で、適材適所で配置されています。

セイバンのモデルロイヤルクラシックの製造工程では、6週間に渡って使用が想定される6年間の劣化を再現するテストが行なわれます。

より現実的に、傷が付くパターンを考えて作られたものです。

鞄作りの老舗である山本鞄のコードバン・レイブラックは、人工皮革とコードバンのハイブリッドとなっています。

かぶせに使用してあるコードバンは、頑丈である事はもちろんのこと、見た目にも特徴的な光沢が現れます。

 

ランドセル|人気ブランドが採用する耐久性に対する構造の特徴は?

大マチの補強材の種類と特徴

人気ブランドが採用しているランドセルの耐久性を高める大マチの補強材は、種類によって特徴が異なります。

壁にもたれかかっても型崩れしない321構造の補強材は、型崩れしやすいサイド部分にプレートをベースとした芯材を二重構造にして使用されています。

そして、三面一体のコの字型になっているため圧力を分散できる特徴があります。

二重の補強でランドセルを長持ちさせることが可能な二重巻き補強は、マチのコーナー部分や被せの部分と本体をつなぐ箇所が二重巻きの構造になっています。

この構造によりぶつけやすく傷みやすい箇所が保護されていますので長持ちさせる効果が期待できます。

大マチの収納部分には、傷や汚れに強い1枚型PETラミネートが採用されています。

この構造は、ゴミがたまらず汚れても布でお手入れできますので綺麗に使用することができます。

また、教材の出し入れをする大マチの取り出し口には、一体型の変形防止樹脂と変形防止ワイヤーで覆われています。

 

ヘリはベーシックスタイルとキューブスタイルどっちが人気?

ランドセルのヘリにはベーシックスタイルとキューブスタイルがあり、大マチと背当てを縫い合わせた部部の構造に大きな違いがあります。

ヘリがベーシックなタイプは本体に傷がつくことを防ぐ耐久性に優れているため強度を重視する方に人気があるタイプになります。

一方、キューブ型は、スクエア型とも呼ばれており内寸を大きく取ることができるためたくさんいれることができるにも関わらずコンパクトですから小柄のお子様に適しているでしょう。

近年のランドセルの大型化に伴い、外観を少しでもコンパクトにする必要性が出てきたためキューブスタイルは新しく開発されたもので、作っているメーカーが少なく従来のベーシックタイプに比べて普及が進んでいないため根強い人気があるのはベーシックスタイルといわれています。

しかし、耐久性に大きな違いはありませんのでキューブスタイルのコンパクトさの魅力が広がることで一気に人気がでる可能性もあるでしょう。

 

ランドセルは耐水性が大切!雨にも強いランドセル選びのポイント

雨に強いランドセルの素材は?

耐水性があるランドセルの素材はクラリーノと呼ばれる人工皮革です。

特殊な合成繊維を使って立体的に作った不織布を使用し、ポリウレタン樹脂で表面に手を加えて作られます。

コートバンと呼ばれる馬の尻革部分を使ったものや牛革と比べて水に強いという特徴があります。雨が降ったときでも安心して使用することが可能です。

クラリーノの中にもいくつか種類があります。

人工皮革だと表面がつるつるしていて光沢がある印象になりますが、その感じを抑えたものがあります。

牛革のようなしなやかさや高級感を演出できるものです。

さらに撥水性を高くしたものもあります。

撥水性を有しながらも艶や上品さがあったり傷に強いというメリットがあるのでデザイン性にも優れているというのが特徴です。

耐久性を重視して傷がつきにくく丈夫なクラリーノも存在します。

牛革のような光沢や風合いを再現しつつ、傷や衝撃にも非常に強くなっています。

耐久性が高いので長持ちするというのが特徴です。

 

雨に強いランドセル選びのポイント

ランドセルは小学生の6年間使用し続けるので、耐久性があるものが良いです。

雨が降ったときでも安心して使うことができるようにいくつか押さえておきたいポイントがあります。

まずは水に強い素材を使っているかどうかです。

コードバンや牛革は雨に弱い性質があるので、多少雨に濡れても平気な人工皮革を使用したものと選ぶと良いでしょう。

人工皮革は雨に濡れることで風合いが悪くなってしまったりひびが割れてしまうことが少ないので良いです。

また、防水加工がしっかりと施されているかどうかも重要です。

水に強いとされている人工皮革ですが、それだけでは少し不安が残ってしまう場合もあります。

防水加工がしてあることでさらに安定感が増すので安心です。

ランドセルの作りがシンプルであることも大切なポイントです。

人工皮革のものや防水加工が施されているものを選んでいても完全に雨を防ぐことはできません。

デザイン性を追求して複雑な作りをしたものを選んでしまうとしみ込みやすくなってしまうので、濡れても拭きやすくてシンプルなものを選ぶと良いです。

 

丈夫なランドセルの選び方【革の種類による耐久性の違いは?】

丈夫なランドセルを選ぶ時に見るべきところは?

丈夫なランドセルを選ぶ時にチェックしておくポイントは、マチの内部構造や芯材がしっかりしているかどうかを見る必要があります。

このようなランドセルは外部から力が加わっても型崩れしにくく耐久性に優れています。

また、一番負荷がかかり壊れやすい肩ベルトの加工もポイントになります。

肩ベルトの穴の部分がきちんと補強されているかや、裏面の生地はつなぎ目がなく1枚の革が使われているかどうかを見ます。

付け根の素材に強度が高い金属やこわれにくい樹脂が使われていると安心でしょう。

適切な撥水加工が施されているかどうかで強度にも違いがありますので、傷や汚れに強い素材が使われているかどうかも見る必要があります。

何年も使用していると装飾の刺繍がほつれる場合もありますので、ランドセルのステッチは太い糸で縫われていて、縫い目の穴の間隔も揃っていてほつれにくい縫い目になっているかどうかも丈夫なものを選ぶ際に重要になってきます。

 

革の種類による耐久性の違い

ランドセルの耐久性は使用されている革の種類で異なります。

一番丈夫なのは、馬のお尻の皮をなめした高級皮革のコードバンです。

コードバンは、最も耐久性に優れており非常に丈夫です。

また、牛革以上に見た目や触った感触に高級感があり最上級の品質といわれており、使い続けることで味がでて体になじむという特徴があります。

コードバンの次に丈夫な革は牛革です。

こちらも耐久性に優れており、最近の牛革は耐水性に優れたものも増えてきておりお手入れもしやすくなっています。

合成繊維などを化学的に合成させた人工皮革で作られたランドセルもあり、天然の革とは異なり値段が安くて軽いという特徴があります。

人工皮革は耐水性に優れておりお手入れは簡単ですがコードバンや牛革と比較すると耐久性では劣ります。

本革や人工皮革以外にもヌメ革と呼ばれる素材がありますが、この素材は植物に含まれる成分を加工した皮革で耐水性がなく耐久性も劣っていますので注意が必要です。